【DIY】飾れるテーブル天板を作ってみた

DIY家具・インテリア

僕は部屋の中でDIYをしているのですが、DIYをする時に倉庫から作業台などを運んだり片づけたりするのが面倒なので部屋に置いていても邪魔にならずおしゃれに見える作業台をDIYすることにしました。

まだテーブルの脚は付けていないのですが、テーブル天板としてだけでなくDIYでウッドアートなどを作る参考にしていただけるのではないかと思います。

YouTubeでの動画はこちらからどうぞ

使用した道具・材料

使用した道具と材料をまとめると

【使用した道具】

・丸ノコ
・インパクトドライバー
・ペンキ(白・黒)
・ブライワックス
・シーラー
・彫刻刀
・紙やすり

【使用した材料】

・シナ合板 90㎜×60㎜×12㎜
・2×4材   2本
・35㎜角材 1800㎜×3本

今回使用した道具と材料は以上で、使用した道具は彫刻刀以外は持っていたものを使っていて、木材の材料費は約3,800円になります。

スポンサーリンク

飾れるテーブル天板の作り方

飾れるテーブル天板の作り方の手順をまとめると

・シナ合板にデザインの下書き
・デザインの線彫り
・塗装
・フレームの作成
・脚の取付
これらの手順を説明していきますね。

シナ合板にデザインの下書き

今回DIYしたデザインは手っ取り早く西海岸の雰囲気を出すためにカルフォルニア州旗のデザインとアメリカ国旗を合わせたものにしようと思います。

カルフォルニアベアのデザインはA3のコピー用紙に印刷したものをハサミで切り取って、星は部屋にあったものを使用して鉛筆で縁取りをしました。

デザインの参考にしたのはアートワークスタジオのカリフォルニアアートフレームです。

デザインの線彫り

熊と星の線は彫刻刀を使用して線を掘りました。

かなり久しぶりの彫刻刀なので少しテンションが上がりました!

アメリカ国旗のように横ラインは丸ノコで3㎜ほどの深さで線を掘っています。

デザインの線彫りが終わったら線彫りした箇所にヤスリかけをします。

板を貼り合わせたように作りたいので線彫りの角を丸めていきます。

塗装

今回は熊と星は白で綺麗に塗装してアメリカ国旗のデザイン部分はエイジング塗装風にしていくようにしました。

まず、熊と星の部分にマスキングテープをしてブライワックのジャコビアンでワックス塗装します。線の奥まで塗りこむために筆を使用しました。

アメリカ国旗のデザイン部分もマスキングテープをしてそれぞれ塗り終え塗料が乾いたら紙やすりでヤスリかけをします。ヤスリかけをしたら先程のブライワックスの色が出てきていい感じになりますよ。

使用した塗料は白と黒の塗料で混ぜて色を出しました。

ボスコ
ボスコ

色を混ぜるときは少し多めに作らないと足りなくなると色が変わってしまうので注意してくださいね。

熊と星の部分は綺麗に塗りたいのでシーラーを塗ってから白のペンキを塗装しました。

ボスコ
ボスコ

シーラーはアク止と塗料の食いつきを良くしてくれますよ。

白のペンキは刷毛跡が残らないようにスポンジで叩いて塗装しています。

マスキングテープをはがしたら塗料が一部はがれてしまいましたがエイジング塗装なので良しとします。

これでテーブル天板の出来上がりになるので、次にフレームを作ります。

フレームの作成

フレームは35㎜の角材で下地を作り、2×4材のフレームを固定していく方法で作ります。

まず、35㎜の角材を900㎜×2本、53㎝×4本に切断したものをシナ合板と同じサイズに組み立てます。

次にフレーム部分の組立ては2×4材を900㎜×2本、676㎜×2本に切断したものを下地の内側から固定します。このときシナ合板の厚みより少し深い位置に取付けるようにしてください。

最後にフレームにブライワックスを塗装して天板の完成です。僕はリバーシブルにして取り外せるようにしているので天板を被せているだけですが、取り外しが必要ない方はボンドやビスで固定すれば通常のテーブルとして使用できたりウッドアートとしても飾れると思いますよ。

リバーシブルにした裏側は余っていたダイノックシートを貼っているので裏返すと字が書けたり普段は飾りにもなる作業台が出来上がりました。

脚の取付

作業台にするつもりで作ったのですが、テーブルの脚をどうするのかを決めておらず、ある程度対応できる作りにしたつもりです。

今の候補としては、ソーホースブラケットを使用して普段は額縁のように飾り作業するときにはソーホースブラケットを脚として使用しようかと思っています。

あとは折れ脚金具を使用して脚をDIYする方法も候補としてはあるのですが、やり終えた感があり足を作るのが面倒です…

スポンサーリンク

飾れるテーブル天板を作ってみて

飾れるテーブルの天板として作っているので2×4材のフレームは少し厚みがあるので、飾るだけのウッドアートならフレーム材は他の材料に変えた方がおしゃれに仕上がると思いますよ。

仕上がりの出来には西海岸の雰囲気も出せたと思うので満足しているのですが、飾って置いておくには少し大きすぎたかなと思っています。

しかし、あくまでも作業台としてDIYしたので次のDIYからはこの天板を使用してDIYしたいと思います!

タイトルとURLをコピーしました